未分類

【実体験】年収400万円で家を買うことのリスクを考える

現在は低金利のため、住宅購入を考えている人も多いのではないでしょうか?

私は、低金利のおかげで住宅を購入することができました。

ですが、家を買うまでは、本当に購入していいのかすごく迷いました。

そして、実際に家を購入してみて分かった、家を購入するリスクも感じています。

家をかったことにはまったく後悔はないですが、家を購入することを考えるときにはリスクについても考えないといけません。

今回は、年収400万円世帯が、家を購入することのリスクを考えてみます。

都心物件の値段が下がりにくい

現在は、都心の物件の値段が下がりにくいことも家を購入しようと考える人が多い原因ではないでしょうか。

私は大阪に住んでいますが、大阪でも地域によって土地の価値が値上がりしている地域も多くあります。

家の購入で、都心の物件価値が上がっていることを考える場合には2つ、考える必要があります。

購入後に土地の価格が上がる

住宅購入後に価値が上がると、売るときに高く売れていいと思うかもしれませんが、固定資産税が上がってしまうことを考えないといけません。

その家にずっと住みたいとがんが得ている場合には、土地の価値が上がることはいいことばかりではなりません。

土地の値段が上がれば、固定資産税の支払いが増えるので、結果支払う費用が増えてしまいます。

ずっと都心の物件の価値が上がっているとは限らない

現在は値下がりしにくいとしても、家を売るタイミングでどうなっているかは分かりません。

なので、物件の値段が下がらないことをアテにして家を買うことは危険です。

家賃保証の減少

家を購入するもう1つの要因としては、会社からの家賃保証が減少していることも関係しているようです。家賃保証が出ないから、自身で家賃を支払う必要があり、家賃を払い続けるなら、家を購入しようかと考えるようです。

たしかに、ずっと払い続けていて自分の物にならない家賃を支払い続けるのなら、家を買った方がのちのち自分のものになるのでいいと考えるかもしれません。

ただ、家を借りている場合にはかからない固定資産税や修繕費などの費用が持ち家の場合にはかかることを計算にいれておく必要があります。

それに、マンションを購入する場合には、のちのち修繕費が高くなることや、建て替えの時期に多額なお金が必要になるかもしれない、と言うリスクもあります。

だからと言って、戸建てならいいのかと言うとそうでもなく、家が古くなれば修繕が必要になりますので、やはり賃貸には無い出費があります。

持ち家は危険か?

家を購入するには多額で長期間のローンを組むことになり、本当に支払いを続けられるのかと言う不安が生まれています。

現在は、一度入社したからと言って、定年まで同じ会社で勤める人ばかりではありません。

一番心配に思うことは、ローン返済できなくなったらどうしよう?と言うことではないでしょうか。

私は結婚してから約10年、家を借りて暮らしていました。

10年間家賃を払うことはできていましたし、10年間があっという間に過ぎたのに、なぜこんなに住宅ローンを組むことが怖かったのか考えてみました。

家を借りていてもお金を払い続ける必要があることは変わりません。

ただ、住宅ローンを払い終えるまでの数十年後の未来のことは未知ですし、同じ場所に住み続けられるのか?

払い続けられるのか?

買った住宅に何か問題があったらどうしよう。

などいろいろな不安が合わさっているように思います。

それでは、1つ1つの不安について確かめていきましょう。

長期ローンを組むリスク

正直、人生なんて何があるか分からないですよね。私が一番怖いと思ったことが、夫が病気になったり、働けなくなったときと、会社をやめるなど、働き先が無くなることです。

病気などの場合は、団信に入っているので、何とかなるかなとは思いますが、仕事が無くなることはとても怖いと思っています。

危険回避のために、数年分の貯金を作りたいと思っていますが、お金を貯めるってなかなか難しいですよね。

我が家は、毎月赤字にならないだけで精一杯で、削れるところもそれほど無いため、これからは収入を増やすことも考えていかないといけないと思っています。

現在は、企業でも何があるか分からないですし、長期ローンを組むことで支払いが長く続くことのリスクは頭に入れておいた方がいいですね。

ただ、賃貸を借りていても、夫が働けないなどの時でも支払いは続きます。

なので、どっちみち住むところのお金は払う必要があります。

ただ、収入が減った場合に、賃貸の場合には住む場所を変えることができます。

今より安い家へ引っ越せば、家賃が安くなります。

家を購入する場合、家賃で払うより安く済むくらいの支払いなら、収入が減った場合なども少しクッションがありますよね。

なので、家を購入するなら、余裕を持った返済ができる金額に押さえておくのも手です。

自由が奪われる

私のようにフワフワとした人間は、1カ所にずっと住めるのだろうかと言う不安もありました。

好きなときに好きな場所へ行くような生活をしていたい身としては、家を購入することで動けなくなることは不安でした。

この場所に、ずっと住むことが窮屈に感じるようになるんじゃないかと不安でした。

ただ、結婚当初に借りた家に10年間暮らしていたわけです。

家族を持ち、子供が生まれることでなかなか人は移動しにくくなるんだなと思いました。

正直結婚してからの10年、長く感じなかったし、これから先同じ場所にずっと居ることもそれほど長く感じないんじゃないかと思いました。

私は現在の住宅を購入して、ここに住み始めて今で3年が経ちましたが、そんなに長くここに住んでいると思わないくらいあっという間です。

これは、ちょっと悲しいことでもあるのですが、若いときほどフワフワしていなくても、年齢的に1カ所に長く居ることもできるようになったんだなと思っています。

引っ越せない

家を購入することで、引っ越しにくい、と言うことがあります。

賃貸の方が身軽ですよね。

私の場合、子供の1人が調子を崩し、学校へ行けなくなりました。

もし、学校が合わなどで学校が変われば通えるのなら、引っ越しなどをして学校を変わるのも必要だと感じていました。

ただ、うちの子の場合は、体と心が限界で、一度ゆっくりと休みたい気持ちがありました。

家でゆっくり静養することで、現在は元気を取り戻しましたが、もしあのとき学校を変わることで通学できるとしても、家を買ったすぐ後だったので、引っ越すことはなかなか難しいなと感じていました。

他にも、購入した家に実際住んでみて、近隣の人に恵まれなかったり、購入後に引っ越したい理由が出てくることもあります。

そんな場合も、一度購入してしまうと、引っ越しにくいので、住宅の購入は慎重になってしまいます。

引っ越す必要が出てくる

自分の意思とは別に引っ越しが必要になることもあります。

私は今、新築の戸建てを購入してそこに住んでいます。私はこの地区の中では一番最後に建った家に住んでいるので、ここに住んでいる人たちは約5年ここに暮らしています。

まだ、建って5年ですが、10数件の家のうち3件が引っ越しました。

ご主人の転勤や、子育てをする中で、もっと親の近所の方がいいと言うことで引っ越しをされた方もおられます。

なので、家を購入したからと言って、そこにずっと住むことができないこともあるのだと痛感しています。

10数件の中の3件は、確率として大きいと思います。

やはり人生何があるか分からないので、思いもかけない引っ越しなどもあり、せっかく勇気を出して購入した家でも手放す必要があることもあります。

転職しにくい

仕事がハードなど、転職したい場合も住宅ローンを抱えていることで転職しにくい、と言うこともあります。

今現在の収入を基準に家を購入するので、収入が減ることで支払いが苦しくなるからです。

特に購入を決めるときには、本当に自分はここでずっと働けるのか考えてしまうと思います。

40歳退職説、45歳退職説

-同じ会社で同じ条件で65歳まで働けるかもこれから先、分からなくなってきました。

大手の会社でも定年がこれから先も60代とは限らない不安もあります。

節約思想になる

住宅ローンの返済をする必要があるため、他の方へお金を使いにくくなります。

贅沢なことを減らすだけじゃなく、必要な自己投資にもお金や時間を回せなくなる可能性があります。

自己投資をしないことは、自分の成長を止めてしまう可能性があり、これから先の収入に違いが出てくる可能性があります。

私の場合も、普段通りの生活をすることはできるけど、本を買うことをためらったり、どうやってお金を浮かすかを考えるようになってしまいました。

日用品なども購入する量が減り、ほとんど食品以外の物は買わなくなりました。

人口減少

人口減少に伴い、2033年には1/3の住宅が空き家になると言われています。

空き家が増えることは、これから先、家を売りたいときに思うような値段では売れなくなってしまったり、住宅の値下がりにつながる可能性もあるようです・

ただ、本当にそうなるのかは私は疑問を持っています。

海外から日本に来て働きたい人も多いので、日本人自体の人口は減るにせよ、住宅を購入する人の人数も減るとは限らないんじゃないかと思っています。

それに、住みたい人が多くなると。賃貸の値段の値上がりにつながる可能性もあるので、そうなると家賃の安い家を借りられなくなると言うこともあり得ます。

これから先、物価が上がれば、賃貸の家の家賃も値上がりする可能性がありますが、購入していれば、ローンの金額は変わりません。(変動金利の場合は金利が変わる可能性があります)

私が家を買う決め手になったのは、ここでした。

もちろん、2033年には安く家を購入することはできるかもしれません。

でも、私の家族の場合は、今のタイミングなら購入できるけど2033年まで待ったら購入しないままずっと賃貸暮らしになった可能性があります。

2033年だと、夫は60歳ですから・・・。

なので、家の購入はその家庭の状態によって、タイミングが違ってくると思います。

空き家が増えると、家が売れないリスクも生まれます。

自分たち家族が住んで、その後子供たちが住むか、処分をしてもらえばいいと思っていますが、資産としては価値が残るか分からないですね。

それでも年収400万円台の家庭が家を購入したいときは

私は、年収400万円台世帯で、家を購入しました。

家を購入したことにまったく後悔はしていませうんし、むしろ家を買った本当に良かったと思っています。

ただ、正直年収400万円台世帯が3000万円の住宅を購入すると、支払いが大変な時期がありました。

給料で暮らすことはできるけど、大きな出費が重なると支払いがとても大変な時期がありました。

原因は、これまでの家賃より住宅ローンの支払いの方が高いため、これまで貯金できていたのに、貯金ができなくなったことです。

引っ越して3年、やっと最近落ち着いてきたところです。

私は収入400万円台世帯が家を購入する場合には、収入を増やすことや、削れる出費を見直すこと、住宅の価格を抑えることなどが必要だと思います。

以上、年収400万円台世帯が家の購入を考えた場合のデメリットについてです。

いろいろな角度から検討してみて、ご自身にとって良い方法を探してください。